<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ダンナさん、明日試験を控えて。

うちのダンナさんは甘味が苦手。

その“甘味”の範囲は菓子に留まらず、
さつまいもやカボチャまで、健康的な野菜達も、「甘い」というだけで、存在すら否定されてしまいます。

そんな彼ですが、ちょっと前に流行った、カカオ度の高いチョコレートだけは、欠かしません。
なぜならば、「チョコは脳の疲労を回復させる」から。
真相は知りませんが、脳を働かせるのには、まあ糖分は必要だとか言いますよね。
で、常時チョコを持ち歩くダンナさんは、いま試験前です。
しばらく、図書館やマックなんかで勉強して、家には夕ご飯だけ食べに帰ってくるという生活を続けていました。

せっせ、せっせと勉強していた生活も、とうとう今日で最後。
明日がとうとう、待ちに待った試験当日です。

で、緊張気味に明日の準備をするダンナさん。
バッグの中から、要らない本をだしたり、筆箱の中味を確かめたり。
、と思ったら、件のチョコレートをパッケージごと取り出して来ました。
なにするのかしら・・・と横目で確認していると、包みからチョコを取り出し、せこせこと筆箱のスキマへ詰めこんでいたのでした。しかも、一個じゃありません。4,5個も詰め込んでたでしょうか。

私(驚愕して)「ななな、何してんの!?」
ダ「試験中に食べようかと思って・・・」
私「(びっくりして)・・・つ、包みは剥がさなくてもいいんじゃない?そのまま筆箱に入れれば・・・」
ダ「だって、包みをガサガサ剥がす音たてたら、ばれるじゃん。うるさいし。」

・・・今は夏だということをお忘れなのでしょうか。
試験が始まって、さぁ、と筆箱を開けたときにチョコレートが溶けている。
大事な試験の日に、ペンや定規、消しゴムが、あろうことかチョコレートでべったべた。
想像するだに嫌な事態ですね。
チョコが溶けて、べとべとになった筆箱見たら、たぶん己の愚かさを心から呪うと思うよ~、うひゃうひゃ!と笑いながら言ってやったらば、苦笑しつつも


ダ「いや、最近のチョコレートは真面目だから、そう簡単には溶けないよ」

だそうです。真面目ってなんだよ・・・。
そして、その筆箱はそのままバッグの中へ。

明日だけは、30度を超える超真夏日でも許します。
むしろ溶けろチョコよ!溶けろ~、溶けろ~!
[PR]
by koriom | 2006-07-22 22:42 | うちのダンナさん

にっぽん旅行記/岐阜白川郷

c0074421_22452960.jpg


合掌造りで有名な、白川郷へ。

*そこでの思い出・・・*

合掌造りのなかでも、旧くからの名家、つまりはお金持ちな合掌造りのお屋敷を見学。勿論有料。
しばらく貸し切り状態で、tamも伸び伸び走り回ったりしていたが
あとから観光バスが到着したのか、外国人&日本人団体客が群れをなしてやってくる。
tamがあんまり自由人でいたたまれなく、そそくさと出口へ・・・そこで一緒に旅行をしているLAからきた友人(アメリカ人)に呼び止められる。
なんでも、彼曰く「二階へ昇る途中にあった、中二階にパンフレットを置いておいたら、誰かに取られてしまった。もう一冊もらいたい。でも受付のヒトに言っても分かってもらえないんだ」とのこと。・・・たぶん。
受付のおばちゃんに、「なんか、置いておいたら誰かに持って行かれちゃったみたいなんですけど」と言うと

おばちゃん、すごく渋る。
それはそれは、絵に描いたような渋りよう。渋り具合。渋りっぷり。?パンフレットは有料なのか?それすら分からない。が、確かめる気もあまりない。(単なる怠慢)

私も友人の言うことを100パーセント理解しているか自信がないので、馬鹿の一つ覚えみたいに「誰かに持って行かれたから、もう一冊あげてください」と繰り返す。
おばちゃん、渋ることで遠回しに追い払っても、この馬鹿には通用しないと思ったのか
「じゃあ、今回だけだからね」と恩着せがましく英語パンフレットをくれました。

友人はすごく私に感謝。「自分だけでは絶対、絶対(neverを頻発)交渉できなかった。ありがとう、mica。」
・・・私はそんなに、というか全然大したことはしていないし、あのおばちゃんはあんなに渋る必要があったのかどうか、かなり謎。すんなりくれたってよかったのでは?と、なんとなくしこりが残る。でもそいういうことを英語で伝えるのも億劫なほど、外はもうすっごい暑い。世の中には色んな人がいるんだ。もういいや。早くあの売店に行って、ソフトクリーム食べよう。(足下ではtamによるソフトクリーム・コールがもう、しばらく、ずうっと続いている。)

へらっと曖昧な日本人的笑みを浮かべつつ「You're welcome・・・」と言うのにも陰りと疲れが漂う私なのでした。ちゃんちゃん。

この日のtamさん。
[PR]
by koriom | 2006-07-14 22:43 | 赤ちゃんを連れて旅行へ行こう!

金沢21世紀美術館へ!(喜)

c0074421_15444686.jpg
色々落ち込むこともあるけれど、ここ最近の私はラッキーかもしれない・・・。
オープン当初から、行きたくて行きたくて(中略)行きたくて!しょーーーがなかった、金沢21世紀美術館に、とうとう行ってきたのですっ。

c0074421_15574890.jpg
c0074421_1558421.jpg
c0074421_22163562.gif
ほとんどガラスで覆われた建物は、妹島和世(せじま・かずよ)&西沢立衛(にしざわ・りゅうえ)デザイン。
模型の写真です。(美術館HPより)→
この日はあいにくの雨だったのですが、それでも建物の中にはたっぷり光が入って、とても明るかったです。ほとんど全ての壁がガラスで、沢山の小部屋があって、四方のガラス壁にいっぱい付いた、しとしとと降る雨粒を感じながら作品を鑑賞、なんてことも出来る部屋もあります。晴天時の爽快さといったら、格別でしょうね。もっとも、日光に燦々と照らされても劣化しない作品・・・というのが条件になるでしょうが。作品鑑賞巡りに疲れない、ちょうど良いスケール感に感じました。私はとっても見やすくて、この美術館すごく好きです。



そして私が楽しみにしていたのは、企画展よりもコレクションったらコレクションなのですっ!(ウザくてすみません。)

c0074421_22345651.jpg
楽しみにしていた「タレルの部屋」は、無料で見られました。えぇと、これは晴天じゃないと魅力半減だったかなぁ・・・。真っ青な空が、天井で正方形に切り取られる部屋なのです。新潟にはタレルデザインの宿泊施設があって、そこにもこの天井の部屋があるのですけど、座敷なのでとっても、とってもいいです。瞑想に持ってこいの部屋。

←上の真っ白な三角形が、その日の雨空です。部屋の中に降る雨に興奮する二歳児とそれをなだめる私。

c0074421_22411181.jpg

Leandro Erlich「レアンドロのプール」。
どうなってるか、分かりますか?これ、ヴェネツィア・ビエンナーレで発表した作品なのだそうです。良い買い物しましたよねー。とっても楽しい作品です。晴れた日は水の陰が足下にたゆたい、本当に水中にいるような感じなのだそう。雨の日は雨の日で、それはそれで楽しめました。ちなみにこれはコレクション展観覧のチケットが必要。


c0074421_22561354.jpg
←外から見た写真。こうしてみると、ほんとうのプールみたいですね。


カプーアの部屋もしばらく佇んで動きたくなくなる心地よさ。部屋全体に“重量感”を感じる空間・・・流石。八谷和彦のおおがかりな体験型インスタレーションも、面白かった~。体と魂が分離するような感覚を味わえます。



c0074421_15264446.jpgそして特筆すべきは、この美術館、託児室があるのです!!!
広くて明るい部屋、沢山のおもちゃに、4人のシッターさん。雰囲気も良いし、人手も足りている印象だったので、利用してみることに。
預けると言えば実家の親くらいだった私ですが、この日初めて他人の手に預けてみました。嗚呼、子のいない美術館!なんて身軽なの~。・・・と、小一時間鑑賞を続けてご満悦な私の目に、シッターに抱かれたrieの姿がはたっと映る。私を見つけた途端号泣するrieさん・・・。シッターさんによると、「しばらくおもちゃや他の子と遊んでいたが、ふと気付いて「ママ、ママ~」と探し出したので、出てきてみました」とのこと。まぁ初めてだしね、こんなもんですよね。という私に、「1歳ちょっとで、初めてで、これだけ預けられれば大したもんです」と褒め(?)られる。ふぅむ。そんなものなのかしら。ちなみにtamは全く大丈夫で、ママの「ま」の字も無かったそうです。あんたはそういう子よね・・・。




ちょうど「ゲント美術館展」なんてのもやっていたので、併せて堪能させてもらいました。ここで初めて、館内いっぱいに漂うコーヒーの香りはカフェのせいではなく、広い展示室いっぱいにコーヒーの粉をぶちまけた作品のせいだということが判明。思いがけなくヨーゼフ・ボイスやリュック・タイマンスに舌鼓・・・。でもタイマンスは哀しげな作品ばかりでした。気持ちが沈むわたしに・・・




c0074421_1535441.jpg


・・・。はい、お疲れ様です・・・。
この作品は女子トイレ内に設置してありました。じゃぁ男子は気付かないじゃん!てことで、連れの男性二名を女子トイレにご招待。ゲント展行く方は、女子トイレをチェックすることを忘れずに!(言い訳用意は必須)

Moreおまけ。
[PR]
by koriom | 2006-07-11 15:47 | アート・ファッション

弱音・・・。

きのう、旅行から帰ってきました。
LAからの客人と、家族みんなで北陸方面へ。
色々アップしたいことだらけなのですが、それはまたおいおい。

tamのトイレトレーニングが遅々として進まなかったり、きったないウォッシュレットのノズルをどうやってか引き出していたtamを怒鳴りつけたり・・・。そしたら目をまん丸にして驚いてました。あー、もうごめんよう。自己嫌悪の嵐。。わざとじゃないのにね。ちょっと考えれば分かるのにね。ごめんね。
なんかなぁ、子育てってホント、一筋縄じゃ行かないことを、特にtamが二歳になってからというもの、感じる場面に出くわしまくってる気がします。私にとっては、子育てこそが人生における一番の修行です。自我なんかもうとっくにあきらめて、こどもたちの身になってあげないと!・・・と分かってはいてもムズカシイ。親のエゴで怒鳴りつけてばかりだし。私は他人に比べて、ちょっと厳しすぎるのではないかしら?・・・という嗚呼、これぞthe・悪循環★に、どんどんどんどん陥っている私です。

どんなに怒っても、「ごめんね?」というと、「いいよ!」と言ってくれるtamさん。
目新しい服や、綺麗な色のスカート、マニキュアを目ざとく見つけて、「ママ、可愛いねぇ~」と褒めてくれるtamさん。
ピンク色やスカート、ワンピースが大好きなのに、何故か「王子様になる!」というtamさん・・・。プリンセスじゃなくていいのかしら?
君はとっても素敵な「自分」を持って生まれてきたのに、萎縮させるようなことを言ったりして、ほんとうにごめんなさい。ママを許してね。えええん。

ああ、愚痴ってしまった・・・。まぁたぶん一晩寝ればすっきり回復すると思うので、(早いな)あまり気にしないでさらっと流して頂ければありがたいです。将来、この育児日記をこどもに見せるときが来るかも知れないという想定の下、たまにはこんな本音を吐露するのもいいかなぁ、と思った次第です。ふぅ~。
[PR]
by koriom | 2006-07-08 22:18 | 育児日記・tam