カテゴリ:お知らせ( 6 )

コメント欄について。

c0074421_21104942.jpg


記事に対して、なんていうか、こう、
周りに気を遣うことなく、ご意見を伺うために
コメント欄をなくしてみました。せっかくコメントしてくださった皆さん、消えてしまってごめんなさい。
まさか過去のものも消えるとは思わなかった・・・。まぁしょうがないですね。

というわけで、これからは
ご意見・ご感想・文句などなど、メールでどしどし受け付けますので、よろしくお願いいたします。

*画像は本文と全くもって無関係です。フォトグラファー・tamによる作品。

そういえば、グレゴリー・コルベール展やってるんですね・・・。
ノマディック、遠路はるばる渡っていたのか。
また観にいきたいなぁ。

[PR]
by koriom | 2007-04-25 21:11 | お知らせ

SAYONARA・AMERICA

c0074421_1752829.jpg


はっぴいえんどが好きです。

「シンデレラ」とか「プリティ・ウーマン」とかじゃなくて、70年代のフォークバンドのほう。
彼らの曲の中に、「さよならアメリカ、さよならニッポン」というのがあって
まぁそれは、「もう、アメリカにむやみやたらと憧れた時代は終わりだぜ!グッバイ!」ていう思いが込められている曲なのですけども
でもなんだか最近、その曲の
「さよーなら・あーめーりーかー。さよーなら・にっぽん・・・」というくだりを、ついつい口ずさんでしまう私です。くだりっていうか、その歌詞のみで構成されている曲なのですけどね。どうでもいいですね。ハイ。
(といいつつ)ちなみに、この曲が収録されているアルバムに「風来坊」というのがあってですね。
これもなんとなくお気に入りで、よく「ふ~らりふらふら、風来坊~、風~来~坊♪」と口ずさみ、当時ノンポリ気味だった私は、父に嫌な顔をされたもんでした。そりゃそうですよね。私だって娘にそんな歌くちずさまれたら、嫌な顔以外できません。
アメリカに来てからも、この曲は我が家のテーマソングだったような・・・って、あ、脱線しすぎましたね。

そんなわけで、どうもごぶさたしています。あ、あけましておめでとうございます。

というわけで・・・って、ホント唐突ですが。
出来ちゃった婚で突然始まったアメリカ生活、突然終わりを告げてしまいました。
日本へ帰国致します。
アメリカの皆さん、お世話になりました!今後ともどうぞよろしく!
日本の皆さん!こんにちは!仲良くしてください!

たった3ヶ月で、国境超えての引っ越しが決定されてしまうのですから
なんだかここ最近は一家そろって怒濤のような急流に飲まれてしまったかのような観がありました。
更新がだらだらだったのも、許してやってくださいね。ほんとに。


・・・思い返せば、初めてのアメリカ大陸、ボストンへ渡った頃。

「シャワーヘッドはなんで動かないのだ。アメリカ人はつま先垢だらけなんじゃないの!」とか
「火災報知器がすぐ鳴りすぎる!アホか!」(アメリカ生活2日目に、コレが嫌すぎて号泣しました)とか
文句ばっかり垂れていましたが
なんかまあ、自由でだだっぴろい気風は気付けば心地よく
特にLAに来てからは、日本よりものんびりのびのびしている自分に気付いたりして。
車社会も、運転が嫌いじゃないので、性に合っていました。
妊婦や子供に優しい社会なところにも、ずいぶん助けられたなぁ。
アメリカよ、どうもありがとう。ほんとはあんまり好きじゃなかったけど、あなたのこと見直しました。つーか、むしろ好きかも・・・。ううん、大好き!つきあってください!(と、右手を差し出す)


~~~あぁ・・・すっきりした。。いや、告白できたとかじゃなく・・・。
ほんとは結構前に決まっていた日本への帰国なのですが
自分の中で、ある人へ直接報告するまでは、ブログ上では言えねぇや!(あ、asagiさん節が・・・)と思っていたので
ちゃんとアメリカに帰ってくるまではご報告できなかったのです。すみません。
せっかく何人かの気の合う人々とも出会えたのに、さよならしなくてはならないのは本当に本当にほんとうに残念です。
でも、どうぞこれからもおつきあいをお願いしますね。
ブログは続けていくつもりです。あ、タイトル変えなきゃ・・・。

それにしても正直言って、こんなにアメリカに馴染んでしまうとは思いませんでした。
でも人間てたくましいもので、一度「日本へ帰るんだ」と思うと
まだ一応我が家であるLAのこのうちに帰ってきても
なんだかここでの生活が、まるでおままごとのように思えるのです。
もう、気持ちは日本の生活へすっかりシフトしてしまっているのですね。
アメリカという外国で、がんばって日本食を作ったり、こどもと一緒に生活したり
お隣さんと苦労して交流したり、ドルでやりくりしたりしたことは、紛れもない現実だったはずなのに
今この家にいて、なんだか涙が出そうに懐かしいのです。ふしぎですね。

たぶんこれからそんなに短くはないだろう私たち夫婦の人生の中で
たった2年ちょっとだったこのアメリカ生活は、きっとずうっと大切な思い出として残るのだろうなぁ・・・と思います。
なにより私たちのこどもたちはアメリカ人なのですから。
私にとって、ものすごく新鮮で刺激的だったこの二年が、こどもたちの記憶には残らなくても
きっと我が家とは一生切っても切れない縁なのでしょう。。よろしくな、アメリカよ。
(と、うってかわって居丈高)


弱冠2週間で引っ越しという無茶苦茶な行程のなか
SAYONARA・AMERICA特集、がんばって更新していきます!
[PR]
by koriom | 2006-01-15 16:36 | お知らせ

いいわけです。

あ~~、、忙しさにかまけて、すっかり更新が滞ってしまった。。
ま、忙しいのは私ではなく周りだけで
そのおかげで子供を預けたり出来ず、お出かけがままらない私は、「超・ヒマ」なのですけど。
そのおかげというべきか。
乳幼児達の間では、風邪が大流行しているようですが
外界から隔離された生活をしているtam・rieさんは、ぴんぴん元気です。

いずれにせよ、私のいるこの周辺は、一向に落ち着く気配がないのです。
ダンナさん実家がばたばたしたかと思えば、実家に同居している祖父が入院したり。
手術が終わった途端、冗談が飛び出すハイパー90歳なのですけどね。今は入院中にもかかわらず、超元気です。

しかしそれにしても。
慌ただしい・・・のに、ヒマとは、これいかに。コブつきの悲しさよ。うう。
そんな中、ほんとうはヒマなくせに、周りの慌ただしさに翻弄されて、自分の時間まで無くなってしまったような感がありました。
一度遠のくと、ブログの更新って億劫になるものなのですね。。反省、反省。
そんな事をしている間にも、更新しなければならないネタは溜まってゆくし
tam&rieは育ってゆくし。うかうかしてられん!のです。
あそびに来て下さっていた方にも、申し訳ありませんでした。
アメリカその日暮らし、徐々に(←弱気)復活していく予定ですー。
[PR]
by koriom | 2005-12-17 00:11 | お知らせ

記事非公開のお知らせ。

c0074421_0273839.jpg


先日、「深夜0時過ぎに子連れの親たちを目撃してびっくりした」という記事をエントリーした際に、行き過ぎた表現があったことをご指摘、ご批判頂いたので、一時的に非公開にしています。

ブログを書いているのは、読んでいる方々を不愉快にするためではない・・・というのは、もう大大前提ですので、とりあえず非公開にしました。確かに、親御さんが深夜に赤ちゃんを連れ歩いているのは、仕方のない色々な事情があったからかもしれません。それを考慮せずに、一方的に批判めいたことを書くのは、確かに行き過ぎていたなと反省しています。コメントを下さった方以外にも、不愉快な思いをされた方がいらっしゃったかと思います。大変申し訳ありませんでした。

最近忙しくて、更新が滞っております。あそびに来て頂いている方にはほんとうに申し訳ないです。ごめんなさい。
だんだんと復活する予定ですので、また遊びにいらして下さいね。

画像はお口直しに・・・。わが家の愛猫でした。
[PR]
by koriom | 2005-10-24 00:25 | お知らせ

コメント機能について

コメントする際の「パスワード」について質問がありました。
これは、削除用のパスワードですので、
ご自分で、その場で設定して入力するものですね。どうやら。

ということで
みなさん、コメントお待ちしてまーす。
[PR]
by koriom | 2005-03-13 22:01 | お知らせ

ブログ一本化

いろいろとやっかいなことが多いので
今後はここ一本に絞ろうと思います。
よろしくお願いします。

アート・ファッションもこちらにアップしていきます。
過去の日記も徐々に移行していく予定です。

c0074421_11281765.jpg



画像は特に関係ありません。
サンフランシスコで見かけた、派手なホテルマン。
[PR]
by koriom | 2005-03-06 11:21 | お知らせ