カテゴリ:うちのダンナさん( 6 )

参った、参った。

一ヶ月以上も放置してしまった・・・。(唖然)

僕は出来ることならそうしたくはなかった。ベストを尽くすべきだった。でも結果的には同じ事だ。その事実は、後になってからもっともらしくシャベルを持ち出し、一心不乱に地中深い穴を掘り、そこに限りない言い訳を放り込み続けたところで、変わりようがないのだ。(春樹風)

ようするに、わたしは何も言い訳しません!
でも、ブログはぜったい細々と続けていきます!(ぜったい細々と、というのが、自信が有るんだか無いんだか)

しかし前にも書いた気がしますが
ブログっつーものは、少し間を置くと、なんだか手をつけるのが限りなく億劫になるもんですね。
そんな私の怠慢なブログ魂に火をつけたのは、
日々刻々と変化する子供達の成長でも
家事と育児しかすることのないので上達必至な主婦の手料理ネタでもなく(もとよりそんなものはウチには皆無なのですが)
育児ブログによくありがちなネタだったのでした。

うちの夫が、娘(@もうすぐ3歳、ディズニー命)に「ミッキー描いて!」とリクエストされ
「えぇ~・・・ミッキーは難しいなぁ。・・・はい、これ」と
「難しい」言ってる割にサラッと描き上げたそれこそが、私のハートに火をつけたのですっ。
(BGMは「Light my Fire」で。盛り上がってクリックしてください!)

↓ うちの画伯による「ミッキー鼠」
[PR]
by koriom | 2006-09-28 22:54 | うちのダンナさん

ダンナさん、明日試験を控えて。

うちのダンナさんは甘味が苦手。

その“甘味”の範囲は菓子に留まらず、
さつまいもやカボチャまで、健康的な野菜達も、「甘い」というだけで、存在すら否定されてしまいます。

そんな彼ですが、ちょっと前に流行った、カカオ度の高いチョコレートだけは、欠かしません。
なぜならば、「チョコは脳の疲労を回復させる」から。
真相は知りませんが、脳を働かせるのには、まあ糖分は必要だとか言いますよね。
で、常時チョコを持ち歩くダンナさんは、いま試験前です。
しばらく、図書館やマックなんかで勉強して、家には夕ご飯だけ食べに帰ってくるという生活を続けていました。

せっせ、せっせと勉強していた生活も、とうとう今日で最後。
明日がとうとう、待ちに待った試験当日です。

で、緊張気味に明日の準備をするダンナさん。
バッグの中から、要らない本をだしたり、筆箱の中味を確かめたり。
、と思ったら、件のチョコレートをパッケージごと取り出して来ました。
なにするのかしら・・・と横目で確認していると、包みからチョコを取り出し、せこせこと筆箱のスキマへ詰めこんでいたのでした。しかも、一個じゃありません。4,5個も詰め込んでたでしょうか。

私(驚愕して)「ななな、何してんの!?」
ダ「試験中に食べようかと思って・・・」
私「(びっくりして)・・・つ、包みは剥がさなくてもいいんじゃない?そのまま筆箱に入れれば・・・」
ダ「だって、包みをガサガサ剥がす音たてたら、ばれるじゃん。うるさいし。」

・・・今は夏だということをお忘れなのでしょうか。
試験が始まって、さぁ、と筆箱を開けたときにチョコレートが溶けている。
大事な試験の日に、ペンや定規、消しゴムが、あろうことかチョコレートでべったべた。
想像するだに嫌な事態ですね。
チョコが溶けて、べとべとになった筆箱見たら、たぶん己の愚かさを心から呪うと思うよ~、うひゃうひゃ!と笑いながら言ってやったらば、苦笑しつつも


ダ「いや、最近のチョコレートは真面目だから、そう簡単には溶けないよ」

だそうです。真面目ってなんだよ・・・。
そして、その筆箱はそのままバッグの中へ。

明日だけは、30度を超える超真夏日でも許します。
むしろ溶けろチョコよ!溶けろ~、溶けろ~!
[PR]
by koriom | 2006-07-22 22:42 | うちのダンナさん

朝の洗礼(けっこう壮絶)

c0074421_226821.jpg


朝、当然私はこどもたちと一緒に起きます。
このひとたちが結構朝早くて・・・。大体6時半くらい。稀に五時台です。

で、平日はまぁダンナさんはそっとしておくのですが
土日はそうも行きません。行きませんったら行きません。
ダンナさんの土日は、わたしの土日でもあるのです。

え?意味が分からないって?主婦は毎日が日曜日だろうって?
そんなひとのために、軽く説明をば。

育児はねぇ、土日どころか、24時間ノンストップ労働なんですよ!
すべてこどもペースで、休憩時間も子供次第。(昼寝するかしないかもきまぐれなので)
夜も上手く眠れなくてぐずったら飛び起きて添い寝でトントン背中を叩いてやります。
朝起きてオムツ替えて、着替えさせてご飯を食べさせて遊んでまたオムツ替えて、そしてその合間に洗濯掃除炊事をこなす毎日まいにちまいにちにち。

なのに、なのに、共同責任者であるダンナだけ、土日は惰眠を貪れるって、・・・ずるくない?ねえ?
・・・わたしはずるいと思います!!
土日くらい、まとわりつき続ける子供の焦点をずらしたいと思うのは、罪ですか?(罪だ、という意見は当然スルーします。)

、というわけで。
土日はベッドルームのドアを開け放ち、猛獣を投入することにしています。(鬼)
で、上のような写真の惨劇となるわけですが。
制止画だと、なんだか穏やかな情景に見えますね。ところがどっこい。

tamに至っては、そこまでやるか?というほどの惨い仕打ち。
マウント・ポジションから背中にどっかり座ったままジャンプ、さらにそこで立ち上がってジャンプ、そしてむつむつ踏みつつ(急所直撃もよくあること)乗り越える。それでも起きないと、平手打ちが飛びます。ええ、何度でも。
ちなみに上の写真でrieは、櫛を手に持ちダンナさんの頭をぐさぐさ刺しています。
おほほ。

低血圧のダンナさん。
容赦ないtamに、「わかった、わかった、ゆっくり起きるから~~~」と訴えるも
tam「ゆっくり起きて!はやく、ゆっくり起きて!はやく、ゆっくり起きてよ!」と腹の上でジャンプされていました。
理屈の通じない哀しさよ。あははは。

どこの家でも、こんなもんなのでしょうかね?
ちなみに家は出勤事件が不定なので、ダンナさんは平日の朝の方がゆっくり眠れています。
[PR]
by koriom | 2006-06-17 22:04 | うちのダンナさん

たまには褒めてみようかと。

みなさん、こんばんは。

突然ですが、うちのダンナさんは森山直○郎が嫌いです。
それも、大がつくほどの激しい嫌いっぷりです。
いつも森山直○郎の話になると、
「だいたいこのひとは・・・」と、いかに彼がダメ芸人かを、延々と語り続けるので
わたしは面倒くさくて、大体途中で話を逸らしたりします。(無理矢理終わらせることも。)


なにが嫌いなのか?と聞いてみたところ


・歌い方

・歌詞

・大体歌がヘタ(あくまで彼の主観ですので!ファンの人、怒らないでー!)


・・・と、ほぼ全部ですね。



きょうも、歌番組を見ながら
うっかりわたしが、「このひと、絶対直○郎意識してるよね」と言っちゃったもんですから
また始まってしまいました。(しまった、と悔やんでも時既に遅し)
しかもきょうは
一度話を逸らせて、無事終わった・・・と思った5分後にまた、
「大体直○郎はさ・・・」と、再開する執拗さを見せていました。


ダンナさん「ミュージシャンって言うのは、ドラッグやったり、女関係が派手だったり、売れない期間が長かったり、そういう苦労の中から歌が出てくるもんなんだよ」
私「・・・(すごい偏見だな。。)」
ダ「なのに、この直○郎はさ、そういうのぜんぜんないわけじゃん?」
私「そうねえ、おうちはお金持ちそうだし、若いのにぽっと出で売れちゃったもんね」
ダ「そうだよ!まだ平○堅のほうがマシだよ。あのひとは苦労してるから。」(でも歌い方が嫌い、と言う点ではきょうつうしているらしい)

ダ「直○郎なんてさ・・・あのひとの家に行ったら、3時のおやつとか出そうだもん!ケーキとか出してくるよ、絶対・・・!!」

・・・なんていう暴言を吐いていました。
なんていうかもう、どうしようもないですね。



さて、前置きが長くなってしまいました。

まだあるの?と思わない方だけ、どうぞ。
[PR]
by koriom | 2005-08-13 16:56 | うちのダンナさん

最近のダンナさん語彙録(まとめて)

つい先日のことです。
出産手当金、一時金などが振り込まれたので
アメリカの口座に送金してもらうべく、
こっちの銀行情報を日本語でまとめていたときのこと。

ダンナさん「・・・・addressって、日本語でなんて言うんだっけ。。ところ?とか?」
私「(ところってなんだよ。)・・・“住所”でいいんじゃないの。」
ダ「ええ!?だって、銀行に住んでいるわけじゃないんだよ?“住”所っておかしくない??」

アメリカ生活も長くなると、思いもかけないところがいつの間にかトチ狂ってくるようです。
あぶない、あぶない。皆さんも気をつけてくださいね!

そういえば(その1)、ついこのあいだも
[PR]
by koriom | 2005-06-22 08:17 | うちのダンナさん

人参騒動

ずっといっしょに暮らしていて、すっかり気心が知れたと思っていても
ふとした瞬間に、相手の知らない一面を垣間見てしまう。
人を完全に理解する、ということは、不可能なのかもしれません。

たとえそれが夫婦だとしても。
[PR]
by koriom | 2004-10-27 19:25 | うちのダンナさん