カテゴリ:姉妹関係( 2 )

ロタで入院。

 
いやはや。
先々週は怒涛のような一週間でした。

tam・rie共に、ロタウィルスという嘔吐下痢ウィルスにやられて、入院していたのです。
普段健康なだけに、tamが特にぐったり疲れきっていました。

初めての、入院。
・・・のみならず、救急車!まで経験してしまいました。

熱性痙攣(高熱によるけいれん)は知っていましたが、
全く熱が無いのに、朝、rieがけいれんしてしまったのです。
原因は、下痢と嘔吐による、水分不足。
この場合の水分は、物理的な水ではなく、ポカリスエットなどの電解質を必要とします。
家にはイオン水やポカリなどのストックが無く、後でものすごい自己嫌悪に陥りましたが
お医者には「ウィルスが強烈なので、仕方がない」と慰められました・・・。ううぅ。

救急車で運ばれたものの、rieはあっという間に回復し
ベビーベッドの檻の中から「食い物をくれ!!」と手を出し泣き喚くまでに。
tamは病院食をなかなか食べることが出来ず、退院は先延ばしかと危ぶまれましたが
なんの、チョコワッフルで食欲回復・・・。
姉妹そろって、3泊で退院することが出来ました。


ロタは潜伏期間があるので、怪しい期間に接触したママ友に急いで連絡したところ
2,5人アウト、2人はセーフ。。いずれもウチの人たちほどではなく、ほっとしました。
義理姉のところに至っては、発症した当日に遊びに行ってしまい・・・(!)
なのに、なのに、、4歳と1歳の兄妹と、義理姉みんな、ウィルスを撒き散らすtam・rieを
このまま帰すわけにはいかないと、優しく受け入れてくれました。
結局夜に、ダンナさんが迎えに来てくれるまでいさせてもらいました。。本当にありがとう、です。
(ちなみにその間、tamrieは吐きまくっていました・・・。)

日本では毎年猛威を振るう嘔吐下痢ウィルス。
これからは、粉のポカリorイオン水を常時ストックすることを誓います。。
[PR]
by koriom | 2007-02-20 00:29 | 姉妹関係

禁断のベッドルーム

c0074421_21133152.jpg


アメリカではふたりともクリブ(ベビーベッド)で寝てましたが
日本へ帰って来てから、tamがこれを拒否するように。

今思うと、
   アメリカ→日本
   実家→新居(日本国内)
   日本→アメリカ
   アメリカ→日本


・・・と、年末年始の移動は、大人にとってもちょっときついものがありました。
それまでは、tamもrieも、自分の部屋の自分のベッドできちんと眠れる子でしたが
引っ越しでごたごたした時期にtamは、寝るときは絶対抱っこしないとダメになってしまいました。
本人としても、大変な時期だったのでしょう。
悪かったのう。ごめんよ。


でも今ではすっかり落ち着き
クリブふたつというのも場所を取るし、いちいちよっこらしょ、と入れるのも面倒くさいし重いので
思い切ってセミダブルベッドを購入。以来二人で寝ています。あ、寝せる方向は写真の様な感じです。足がはみだしたらそれまでです。そうしたらどうしよう。

時々ぶつかったり、乗っかられたりして怒りながら・・・。
まぁでも、二人ともそれほど寝相が悪い方ではないので、大体平和です。

昼寝は途中で起こすと機嫌が悪くてたいへんなのです。
写真撮影も、こっそり隠し撮り・・・。
[PR]
by koriom | 2006-06-16 21:13 | 姉妹関係