カテゴリ:赤ちゃんを連れて旅行へ行こう!( 7 )

にっぽん旅行記/岐阜白川郷

c0074421_22452960.jpg


合掌造りで有名な、白川郷へ。

*そこでの思い出・・・*

合掌造りのなかでも、旧くからの名家、つまりはお金持ちな合掌造りのお屋敷を見学。勿論有料。
しばらく貸し切り状態で、tamも伸び伸び走り回ったりしていたが
あとから観光バスが到着したのか、外国人&日本人団体客が群れをなしてやってくる。
tamがあんまり自由人でいたたまれなく、そそくさと出口へ・・・そこで一緒に旅行をしているLAからきた友人(アメリカ人)に呼び止められる。
なんでも、彼曰く「二階へ昇る途中にあった、中二階にパンフレットを置いておいたら、誰かに取られてしまった。もう一冊もらいたい。でも受付のヒトに言っても分かってもらえないんだ」とのこと。・・・たぶん。
受付のおばちゃんに、「なんか、置いておいたら誰かに持って行かれちゃったみたいなんですけど」と言うと

おばちゃん、すごく渋る。
それはそれは、絵に描いたような渋りよう。渋り具合。渋りっぷり。?パンフレットは有料なのか?それすら分からない。が、確かめる気もあまりない。(単なる怠慢)

私も友人の言うことを100パーセント理解しているか自信がないので、馬鹿の一つ覚えみたいに「誰かに持って行かれたから、もう一冊あげてください」と繰り返す。
おばちゃん、渋ることで遠回しに追い払っても、この馬鹿には通用しないと思ったのか
「じゃあ、今回だけだからね」と恩着せがましく英語パンフレットをくれました。

友人はすごく私に感謝。「自分だけでは絶対、絶対(neverを頻発)交渉できなかった。ありがとう、mica。」
・・・私はそんなに、というか全然大したことはしていないし、あのおばちゃんはあんなに渋る必要があったのかどうか、かなり謎。すんなりくれたってよかったのでは?と、なんとなくしこりが残る。でもそいういうことを英語で伝えるのも億劫なほど、外はもうすっごい暑い。世の中には色んな人がいるんだ。もういいや。早くあの売店に行って、ソフトクリーム食べよう。(足下ではtamによるソフトクリーム・コールがもう、しばらく、ずうっと続いている。)

へらっと曖昧な日本人的笑みを浮かべつつ「You're welcome・・・」と言うのにも陰りと疲れが漂う私なのでした。ちゃんちゃん。

この日のtamさん。
[PR]
by koriom | 2006-07-14 22:43 | 赤ちゃんを連れて旅行へ行こう!

*只今里帰り帰国中* 森の中の画廊へ。

c0074421_23455068.jpg


鬱蒼と茂る木々のなかを進んでゆくと
ひっそりと佇む、倉庫のような建物。
わたしの大好きな画廊です。

今回の帰国は、なんだかんだと忙しいので、来るのは無理かな・・・。と思っていたのですが
ぽっかり空いた平日、コドモふたりを車に積んで行ってきました。

c0074421_23515293.jpg元は銀座にあった老舗ですが、オーナーの意向で、こんな自然の豊かな場所へ引っ越した画廊です。
その分敷地も広く、天井も高く、充分な空間をとったスペースが実現。モダン・アートを干渉するにはもってこいの環境です。のみならず、画廊の外を散策すると、そのときどきの風物詩を味わう事が出来ます。

この画廊についての情報は、ちょっと秘密にさせて下さい・・・。
「ぜひ行ってみたい!」と思われた方は、直接わたしにお問い合わせ下さい。
喜んで詳細をメールさせて頂きます。

 
 

ヒント。
[PR]
by koriom | 2005-10-28 23:45 | 赤ちゃんを連れて旅行へ行こう!

*只今里帰り帰国中* ~国内旅行記~ さざえ堂

c0074421_23473935.jpg


私の、のほほん里帰り帰国。
前半一ヶ月は、毎週温泉地へ旅行でした。つまり一ヶ月に3回ですね。
日本に住んでいたって、こんなには温泉に浸かれないでしょう。だっていつでもいけるもの。
でもでもでも!在米邦人である私にとっては、またとないこのチャンス。これを逃す手はありませんよ!おっほっほー。
毎週温泉三昧・・・。そんな幸せな9月だったのでした。
やっぱアメリカのHot Springなんて目じゃないですね。温泉最高!日本サイコウ!イエイ!!

でもこの温泉旅行。
本分は、日本建築観光だったのです。
「ここと、ここに行きたい」という、ダンナさんの恩師(アメリカの建築大学教授@80歳過ぎのアメリカ人)と、ダンナさん、義父&義母、わたしとコドモ2匹という大所帯で、大きな車をレンタカーして、行ってきたのでした。よくやりますね。でも楽しかったです。

久し振りの更新ですが、印象に残った建築をご紹介したいと思います。
画像は福島県にあるさざえ堂です。

さざえ堂とは?
[PR]
by koriom | 2005-10-24 23:48 | 赤ちゃんを連れて旅行へ行こう!

+++只今里帰り帰国中+++ あのドラマが、日本で!

c0074421_1581067.jpg


「Desperate Housewives」。

アメリカで、英語の勉強になるような
面白すぎて、毎回見ずにはいられなくなるような面白いドラマがないかな・・・。と探していた時に、見つけたドラマです。
「Sex and the City」も、面白そうだけど、もう途中からだし
「24」は難しすぎる。
ちょうどシーズンの始めに間に合うし、試しに、どれどれ・・・。と見てみると
これが、はまってしまったのでした。

見ていない人は、このドラマの人気っぷりを、横からちらりと見て
「ただの、Soap Drama(昼メロ)でしょ?」と言いますが
どっこい、ただのソープじゃありません。
まあなんか、若くて美人で暇な主婦が、10代の男の子を拐かしたりもしてますが
シリアスな殺人、家庭内暴力、二転三転するミステリーなど盛りだくさんな内容なのです。
登場する主婦たちも、それぞれキャラが濃くて、憎めない。ついつい感情移入。
アメリカでは、ABCで日曜22時からですが、
このときばかりは、コドモの寝かしつけはダンナさんの役目です。

日本語吹き替えは、多分英語とは多少内容の格差が生じるのでしょうが
私のような乏しい英語力だと、一所懸命見ていても、「あれはどういうことなんだろう・・・」という疑問がつきません。
隣にいるダンナさんは全くドラマに興味がないみたいだし。
友達もあまり見ていないし・・・。ドラマについて、熱く語りたいのに!
そんなこんなで、内容取りこぼしまくりなので、
私にとってはそれを補完する意味で、日本での公開は嬉しい限りなのです。

なにをかくそう、今日、28日午後10時からスタートですよー。
ご興味ある方は、お見逃し無く!


邦題「デスパレートな妻たち」
おぉ、、そのまんまだな。。
オフィシャル・ページはこちら。
[PR]
by koriom | 2005-09-28 15:25 | 赤ちゃんを連れて旅行へ行こう!

+++只今里帰り帰国中+++ 帰国しました!

怒濤のような、あるいは生き地獄。
そんな言葉が似合うフライトでした。
アメリカー日本間を一睡もしないなんて、あり得るのですね。
恐るべし一歳児。

到着した次の日には兄夫婦&わんぱく2歳児が来訪。
ぐたぐたに疲れているはずなのに、一日中大興奮。

でも、そのおかげかなんなのか
こども二人とも
2日目から、いつもどおり夜寝て朝起きてます。
“深夜にランランと目を覚ます子供の時差呆け”バナシに恐れおののいていた私ですが
拍子抜けするほど、すんなり順応・・・。
こどもってすごいですねぇ。

そして今月は
毎週毎週温泉三昧。
夢にまで見た(←ほんとにほんと。)温泉、新鮮魚・・・。
お米が美味しい。朝食に焼き鮭なんて、贅沢だー。ほくほく。
日本を満喫しております。

しかし。
地元に新しいお店が出来たり
CMに出てくる芸能人の名前がさっぱり分からなかったり
軽く浦島太郎な私たち。

加えて。
日本の狭い道路!
首都高速はジェットコースターか?!冷や汗まで出てきた!ひーー!
車が歩行者に道を譲らない!偉そう!
赤子連れ(しかも馬鹿でかいストローラー付)は、やっぱり肩身が狭い!
邪魔そうに舌打ちしたアナタ!こっち来て廊下に立ってなさい!!

・・・などなど。
こどもは順応しても、いちいちとまどう私なのでした。
そのうち日米色々比較を検証したいと思います。
[PR]
by koriom | 2005-09-13 16:31 | 赤ちゃんを連れて旅行へ行こう!

Babyと一緒に、映画を見よう!

c0074421_463222.jpg


いやはや。すっかりご無沙汰してしまいました。
日本から友人が来ていたり、
最近の寝苦しい夜にtamが夜泣き癖をつけたり
そうかと思えば、毎朝5時半に叩き起こされたり、
友人の結婚式の、お祝いメッセージを頼まれたり。
それでも毎日おなじようにまわしていかなければいけない母は結構たいへんでした。
以上言い訳おわり。

そんななかでも、眠くてもやつれても、遊びには行くんだ!

ずらりと並んだベビーカー。これはいったい・・・
[PR]
by koriom | 2005-07-26 17:03 | 赤ちゃんを連れて旅行へ行こう!

親子三代サンフランシスコの旅・1日目(前半)


c0074421_5212522.jpg


は~るばる来~たぜ、SFへ~♪
今回も、赤子連れ(新生児含む)にしてはかなりの強行です。

「一ヶ月の赤ちゃんと旅行なんて!」と目くじらを立ててしまう方々は、
ご遠慮ください。
赤子持ちだって旅行に行きたいんじゃ!(空に向かって)

なにしろわたしたちのこれまでの旅行と言ったら・・・

・tam2ヶ月時に、ボストンからLAへ。中3日ラスベガス(車で)。
・tam4ヶ月時に、日本へ里帰り。
・tam8ヶ月時、再びボストン→LA。(家探し後、再びボストンへ。そしてLAへ引っ越し)
・tam1歳で、サンフランシスコへ長距離車旅行(mica妊娠8ヶ月)

もちろん一人では尻込みしてしまいがちですが
日本で「赤ちゃんを飛行機に乗せるなんて、かわいそう」なんて嫌味も言われましたが
わたしは、赤ちゃんがいるからといって、
そんなに楽しみをガマンする必要は無い、と思うのです。
同伴の大人は多いに超したことがないですが
最低夫婦ふたりでも、全然問題ないです。

色んな考え方がありますが
私たちは今回の旅行も、とっても楽しむことが出来ました。
しかも両親と一緒に行ったおかげで
ほんの少しですが、長いこと縁遠かった(新婚なのに・・・)
夫婦二人きりのフリータイムも実現!
感謝、感謝です。

だらだらとした旅行記ですが
「赤ちゃんがいるし、当分旅行はお預けね・・・」と
考えているけれど、実は旅好きなパパ&ママや
やむを得なく、赤ちゃんを連れて遠出しなければいけない方々の
参考になれば良いなと思います。

続きを読む→
[PR]
by koriom | 2005-05-06 05:44 | 赤ちゃんを連れて旅行へ行こう!