ダンナさん、明日試験を控えて。

うちのダンナさんは甘味が苦手。

その“甘味”の範囲は菓子に留まらず、
さつまいもやカボチャまで、健康的な野菜達も、「甘い」というだけで、存在すら否定されてしまいます。

そんな彼ですが、ちょっと前に流行った、カカオ度の高いチョコレートだけは、欠かしません。
なぜならば、「チョコは脳の疲労を回復させる」から。
真相は知りませんが、脳を働かせるのには、まあ糖分は必要だとか言いますよね。
で、常時チョコを持ち歩くダンナさんは、いま試験前です。
しばらく、図書館やマックなんかで勉強して、家には夕ご飯だけ食べに帰ってくるという生活を続けていました。

せっせ、せっせと勉強していた生活も、とうとう今日で最後。
明日がとうとう、待ちに待った試験当日です。

で、緊張気味に明日の準備をするダンナさん。
バッグの中から、要らない本をだしたり、筆箱の中味を確かめたり。
、と思ったら、件のチョコレートをパッケージごと取り出して来ました。
なにするのかしら・・・と横目で確認していると、包みからチョコを取り出し、せこせこと筆箱のスキマへ詰めこんでいたのでした。しかも、一個じゃありません。4,5個も詰め込んでたでしょうか。

私(驚愕して)「ななな、何してんの!?」
ダ「試験中に食べようかと思って・・・」
私「(びっくりして)・・・つ、包みは剥がさなくてもいいんじゃない?そのまま筆箱に入れれば・・・」
ダ「だって、包みをガサガサ剥がす音たてたら、ばれるじゃん。うるさいし。」

・・・今は夏だということをお忘れなのでしょうか。
試験が始まって、さぁ、と筆箱を開けたときにチョコレートが溶けている。
大事な試験の日に、ペンや定規、消しゴムが、あろうことかチョコレートでべったべた。
想像するだに嫌な事態ですね。
チョコが溶けて、べとべとになった筆箱見たら、たぶん己の愚かさを心から呪うと思うよ~、うひゃうひゃ!と笑いながら言ってやったらば、苦笑しつつも


ダ「いや、最近のチョコレートは真面目だから、そう簡単には溶けないよ」

だそうです。真面目ってなんだよ・・・。
そして、その筆箱はそのままバッグの中へ。

明日だけは、30度を超える超真夏日でも許します。
むしろ溶けろチョコよ!溶けろ~、溶けろ~!
[PR]
by koriom | 2006-07-22 22:42 | うちのダンナさん
<< tam2歳10ヶ月14日/トイ... にっぽん旅行記/岐阜白川郷 >>