にっぽん旅行記/岐阜白川郷

c0074421_22452960.jpg


合掌造りで有名な、白川郷へ。

*そこでの思い出・・・*

合掌造りのなかでも、旧くからの名家、つまりはお金持ちな合掌造りのお屋敷を見学。勿論有料。
しばらく貸し切り状態で、tamも伸び伸び走り回ったりしていたが
あとから観光バスが到着したのか、外国人&日本人団体客が群れをなしてやってくる。
tamがあんまり自由人でいたたまれなく、そそくさと出口へ・・・そこで一緒に旅行をしているLAからきた友人(アメリカ人)に呼び止められる。
なんでも、彼曰く「二階へ昇る途中にあった、中二階にパンフレットを置いておいたら、誰かに取られてしまった。もう一冊もらいたい。でも受付のヒトに言っても分かってもらえないんだ」とのこと。・・・たぶん。
受付のおばちゃんに、「なんか、置いておいたら誰かに持って行かれちゃったみたいなんですけど」と言うと

おばちゃん、すごく渋る。
それはそれは、絵に描いたような渋りよう。渋り具合。渋りっぷり。?パンフレットは有料なのか?それすら分からない。が、確かめる気もあまりない。(単なる怠慢)

私も友人の言うことを100パーセント理解しているか自信がないので、馬鹿の一つ覚えみたいに「誰かに持って行かれたから、もう一冊あげてください」と繰り返す。
おばちゃん、渋ることで遠回しに追い払っても、この馬鹿には通用しないと思ったのか
「じゃあ、今回だけだからね」と恩着せがましく英語パンフレットをくれました。

友人はすごく私に感謝。「自分だけでは絶対、絶対(neverを頻発)交渉できなかった。ありがとう、mica。」
・・・私はそんなに、というか全然大したことはしていないし、あのおばちゃんはあんなに渋る必要があったのかどうか、かなり謎。すんなりくれたってよかったのでは?と、なんとなくしこりが残る。でもそいういうことを英語で伝えるのも億劫なほど、外はもうすっごい暑い。世の中には色んな人がいるんだ。もういいや。早くあの売店に行って、ソフトクリーム食べよう。(足下ではtamによるソフトクリーム・コールがもう、しばらく、ずうっと続いている。)

へらっと曖昧な日本人的笑みを浮かべつつ「You're welcome・・・」と言うのにも陰りと疲れが漂う私なのでした。ちゃんちゃん。






 
 
c0074421_23102194.jpg

あまりの暑さにストを起こすtam。
「ママーー、抱っこ!抱っこぉおぉぉ~~~っ!!」








c0074421_23244880.jpg


泣き叫び顔、どん。



c0074421_23252178.jpg




どどん。
(・・・大きくなったら恨まれるかしら。)






c0074421_23254451.jpg


どどどん。

で、なんで泣いてるかというと、




















c0074421_23275631.jpg


もしおひまでしたら、スクロールして一枚目の写真をもう一度ご覧ください。
大自然のなか、一日便秘したおかげでやや堅めなアレと、けなげに格闘する我が娘です。

Nature calls in nature.
ってところでしょうか。


がんばれ、二歳児。
そしてがんばれ、わたし。
[PR]
by koriom | 2006-07-14 22:43 | 赤ちゃんを連れて旅行へ行こう!
<< ダンナさん、明日試験を控えて。 金沢21世紀美術館へ!(喜) >>