朝の洗礼(けっこう壮絶)

c0074421_226821.jpg


朝、当然私はこどもたちと一緒に起きます。
このひとたちが結構朝早くて・・・。大体6時半くらい。稀に五時台です。

で、平日はまぁダンナさんはそっとしておくのですが
土日はそうも行きません。行きませんったら行きません。
ダンナさんの土日は、わたしの土日でもあるのです。

え?意味が分からないって?主婦は毎日が日曜日だろうって?
そんなひとのために、軽く説明をば。

育児はねぇ、土日どころか、24時間ノンストップ労働なんですよ!
すべてこどもペースで、休憩時間も子供次第。(昼寝するかしないかもきまぐれなので)
夜も上手く眠れなくてぐずったら飛び起きて添い寝でトントン背中を叩いてやります。
朝起きてオムツ替えて、着替えさせてご飯を食べさせて遊んでまたオムツ替えて、そしてその合間に洗濯掃除炊事をこなす毎日まいにちまいにちにち。

なのに、なのに、共同責任者であるダンナだけ、土日は惰眠を貪れるって、・・・ずるくない?ねえ?
・・・わたしはずるいと思います!!
土日くらい、まとわりつき続ける子供の焦点をずらしたいと思うのは、罪ですか?(罪だ、という意見は当然スルーします。)

、というわけで。
土日はベッドルームのドアを開け放ち、猛獣を投入することにしています。(鬼)
で、上のような写真の惨劇となるわけですが。
制止画だと、なんだか穏やかな情景に見えますね。ところがどっこい。

tamに至っては、そこまでやるか?というほどの惨い仕打ち。
マウント・ポジションから背中にどっかり座ったままジャンプ、さらにそこで立ち上がってジャンプ、そしてむつむつ踏みつつ(急所直撃もよくあること)乗り越える。それでも起きないと、平手打ちが飛びます。ええ、何度でも。
ちなみに上の写真でrieは、櫛を手に持ちダンナさんの頭をぐさぐさ刺しています。
おほほ。

低血圧のダンナさん。
容赦ないtamに、「わかった、わかった、ゆっくり起きるから~~~」と訴えるも
tam「ゆっくり起きて!はやく、ゆっくり起きて!はやく、ゆっくり起きてよ!」と腹の上でジャンプされていました。
理屈の通じない哀しさよ。あははは。

どこの家でも、こんなもんなのでしょうかね?
ちなみに家は出勤事件が不定なので、ダンナさんは平日の朝の方がゆっくり眠れています。
[PR]
by koriom | 2006-06-17 22:04 | うちのダンナさん
<< Happy Father... 禁断のベッドルーム >>