tam2歳4ヶ月と27日/許してもらうと、嬉しい。

c0074421_23234056.jpg


日本もだんだんと春めいてきました。
重たいコートを脱いで、軽いジャケットだけを羽織って出かける日もあるくらいです。
冬の間は寂しかった公園も、わらわらとどこからか集う子供&ママ達たちたち!
tam&rieはさりげなく公園デビュー・・・ですが、母に「ママ友を作らなきゃ!」という気負いが皆無なため、緊張感も何も無いまま、ハイ終了。

私たちの新居のすぐそばには、弛んだ空気に身を浸しながら散歩するのに気持ちいい道があります。
そこを歩きながら、暖かいっていいなぁ。このまま春よ、こい、こいーーー。

・・・なんて思ったら、明日はまた雪がちらつくんだそう。。
春はまだもうちょっと先のようです。。


そんな三寒四温な日本からこんにちは。
ちなみに写真は極寒の頃のです。完全防備で駆け回っています。
そして外にいるのは10分が限度でした。「なんかの冗談ですか?」と思いながら震えていました。それくらい寒かった。


それでも
あまりの寒さにへこんで引きこもったりするけど、わたしたちは元気です。(魔女の宅急便風)





 
 
tamは大きくなりましたー。
日本語が達者になりましたー。
「言って聞かせる」ことが、前よりはちょっとは出来るようになったので、大分楽になりました。

たとえば。
公園で、もう寒いから帰ろうよーー。という私に、いやだ!まだブランコする!すべりだいする!というtamに
「じゃあ、ブランコもう一回したら、そうしたら帰ろうね?約束だよ?」としつこく言って聞かせる。
そして「わかった?わかったら、わかった、って言って!」と、無理矢理承諾させる。
すると、本当にブランコしたら、「・・・じゃ、帰ろうかね」という雰囲気になるのです。

前だったら、考えられないことですよ。
ちょっとは筋が通るようになってくれました。うう。涙。

しかし、その反面。
こっちの対応がいい加減だったり、強引だったりすると
「気分を害する」という高等な感情まで出してくるようになりました・・・。めんどくさい。


まぁちょっとは人間に近づいたといったって、なんといっても、まだ二歳ですからね。

*見たいテレビを見せてもらえないときに、テレビ画面(液晶)をおもちゃのレードルの先でぐさぐさ刺したり。

*遊んでいるおもちゃをrieに触られると、とっさに突き飛ばしたり。

*触っちゃダメ!としつこく教えているヒーターのプラグを引っこ抜いたり。

*寝かしつけている最中に、ふざけて大声を出し、寝てるrieを起こしたり。

*タンスの引き出しの中味をぶちまけた挙げ句、rieの指を引き出しにはさんだり。。


・・・などなど。

あんまりヨユウという言葉に縁のない私の神経を逆撫でするようなことも、やってくれます。


「なんといっても、まだ2歳なのだから」。

分かってはいても、隣にいるのは0歳児。
寝っ転がったtamの足下にサカサカ近づいた妹に、思いっきりクリティカル・ヒット!!(しかも足の裏で、顔面に) →(とうぜん)rie号泣。


・・・これを、怒らずにいられますか・・・?涙
わたしは、いられないっす。
「おもちゃを触られて、嫌だった」とか
「足を触られて、くすぐったかった」とか
そういうtam側の事情を全く考慮する余裕無く、怒鳴りつけることがしょっちゅうです。
それはもう、理不尽なほど。

「rieちゃんは、tamちゃんが大好きなんだよ。だから、側に来たいんだよ。」とか
「ママは、tamさんがイタイイタイにならないように、ダメって言ってるんだからね」とか
根気強く、我慢強く言い聞かせるのが一番良いことは分かるのです。(たまにはしますよ。)
分かっていても、だめなのですよね。
あとで、怒りすぎだよな、あんなに怒る必要、無かったのにな・・・。と、自己嫌悪に陥ることが、最近ではしょっちゅうです。(それくらい悪戯盛り)

私に怒られて、抱っこしてもらいたくても、rieがいるからしてもらえなくて、取り乱して号泣するtamを見て初めて、心が痛んで
怒られて泣いているtamの機嫌を直してから、ぎゅうっと抱きしめて
「tamさん、ごめんね?」と言ってみると

すると。
涙と鼻水とよだれでぐちゃぐちゃの顔で、
「いいよぉー!」、と、言ってくれました。


ほっ。


とする、私。


そういえば、私も小さい頃。
怒られたあとで、許してもらうと、ほっとしたなぁ。
tamも、私にこっぴどく叱られたあとで
ちゃんと「ごめんなさい」して、「よし、じゃあ、いいよ」と、抱きしめてあげると
さっきまで泣いていたカラスが、小躍りしそうに「うれしーー!」顔になります。
顔だけでなく、実際叫ぶこともしばしば。素直だな、オイ。


大人もこどもも、許してもらうと、うれしいもんなんですよね。
久しぶりに味わう感覚でした。
お互い、精進する日々です。
[PR]
by koriom | 2006-02-23 23:06 | 育児日記・tam
<< トリノオリンピック、フィギュア考 生きてます! >>