たまには褒めてみようかと。

みなさん、こんばんは。

突然ですが、うちのダンナさんは森山直○郎が嫌いです。
それも、大がつくほどの激しい嫌いっぷりです。
いつも森山直○郎の話になると、
「だいたいこのひとは・・・」と、いかに彼がダメ芸人かを、延々と語り続けるので
わたしは面倒くさくて、大体途中で話を逸らしたりします。(無理矢理終わらせることも。)


なにが嫌いなのか?と聞いてみたところ


・歌い方

・歌詞

・大体歌がヘタ(あくまで彼の主観ですので!ファンの人、怒らないでー!)


・・・と、ほぼ全部ですね。



きょうも、歌番組を見ながら
うっかりわたしが、「このひと、絶対直○郎意識してるよね」と言っちゃったもんですから
また始まってしまいました。(しまった、と悔やんでも時既に遅し)
しかもきょうは
一度話を逸らせて、無事終わった・・・と思った5分後にまた、
「大体直○郎はさ・・・」と、再開する執拗さを見せていました。


ダンナさん「ミュージシャンって言うのは、ドラッグやったり、女関係が派手だったり、売れない期間が長かったり、そういう苦労の中から歌が出てくるもんなんだよ」
私「・・・(すごい偏見だな。。)」
ダ「なのに、この直○郎はさ、そういうのぜんぜんないわけじゃん?」
私「そうねえ、おうちはお金持ちそうだし、若いのにぽっと出で売れちゃったもんね」
ダ「そうだよ!まだ平○堅のほうがマシだよ。あのひとは苦労してるから。」(でも歌い方が嫌い、と言う点ではきょうつうしているらしい)

ダ「直○郎なんてさ・・・あのひとの家に行ったら、3時のおやつとか出そうだもん!ケーキとか出してくるよ、絶対・・・!!」

・・・なんていう暴言を吐いていました。
なんていうかもう、どうしようもないですね。



さて、前置きが長くなってしまいました。






 
 
ここのところ、結構マメにオークションサイトでちょこちょこと小銭を稼いでいます。
モノは、ダンナさんが使った、資格取得の為の教材。
これが、危なげなく売れるのです。ほぼ間違いなく2,3人からはビッドが入ります。
アメリカでは、中古品の価値があまり下がらないのです。
毎週末にはガレージセールでがらくたを売りさばき、インターネット上の中古品売買サイトが活況を見せる、この国ならではですね。

そして、真面目な私たちは
入金確認をしたら、次の日か、あるいは次の平日にはすぐ発送。
当然フィードバック(買い手・売り手からの評価)もポジティブばかりです。

ところがこのあいだ
あろうことか、 ネガティブ をフィードバックにつけられました。

ご存じでない方のために、一応付け加えておくと
オークションのフィードバックは、一度つける、あるいはつけられると、もう二度と変えられません。
「わたしは取引時、トラブる人です」という、真っ赤な刻印を押されたようなもんです。

しかも、ネガティブをつけられた理由は、「箱が破損した」だけ。
アカウントは、わたしが結婚前から大事に育ててきたもの。
初めてのネガティブに、もうはらわたが煮えくり返りそうに腹が立ちました。

しかもご丁寧に、ネガティブをつける前に
「箱の隅が破損していましたよ。内容には問題がありません。私はそれで勉強しています。あなたは沢山良いフィードバックを持っているので、一応お知らせしておこうと思って」(意訳。実際は英語。)
というメールを相手が送ってきたので

それに対して、私たちは
「破損したのは郵便屋の責任だし、買い手はオプションで保険をつけることも出来たはずです。(つけなかったのはあなたでしょう?と言いたい)」というメールを返信。

・・・にもかかわらず、それに対する返信も来ないまま。。

「保衝が無く、箱が破損し、中味が出ていた。メールも返信無し。」

という、なんとも腹の立つコメント付きでフィードバックを残されたのです・・・(涙目)くやしい~~。

ちなみにこのひと、在米日本人でした。
アメリカ人だったら、中味が問題なくて勉強も出来れば、細かい事なんてほとんど気にしないのでしょうが
運が悪かったです。日本人、箱とかそういうの、気にしがちですものね。
それにしても心が狭いひとだ。中味が大丈夫ならいいじゃない・・・。(ブツブツ)

でも、つべこべ言っても事態は変わりません。
うちのエセアメリカ人(あるいはエセ日本人)ことダンナさんに、
私「ちょっと!悔しいから、こっちもネガティブつけてやってよ!!」と懇願。
ダンナさんは普段とっても温厚な人なので、「ちゃんと取引成立してるのに、ネガティブなんかつけちゃっていいの?」と。
私「知るか!あっちが先につけてきたんじゃ!あ~~くやしい~~!!」
ダ「じゃあ、コメントは何て・・・」
私「“こんなひととは取引しないほうがいいよ!”とか、思いっきり言っちゃって!」
ダ「えっ。そんなこと書いていいの?じゃあ、ほんとにひどいこと書くよ。いい?」
私「ゴーゴー!!!!」


で、出来たコメントが・・・


「   このひとは


      偏った



        不公正な





         無知なコメントを残してきた





          


          卑劣で意地悪な人物です。







           こんなひとがご近所さんじゃなくて、私はとても嬉しい。」





以上意訳。(最後辺り、直訳でちょいぎこちないですが・・・ご容赦ください。。)
英語でこんなボキャブラリー、わたしにはありまちぇん。
どうですか?もう痛快爽快で思わずダンナさんを褒めちぎり称えました。
ちなみに、「無知な」のくだりは、「このコメントのここの部分、文法が変だ」という、素敵な指摘から出てきたもの。かっこいい・・・(くらくら)←言い過ぎ。

このブログで、さんざんネタにされているダンナさんですが
実はこんなに頼りがいのある人なのですよ!(罪滅ぼし終了。ふぅ。)
いやー、自分けんかっ早いのに英語で喧嘩出来ないのが、どうしようも歯がゆくてしょうがないのですよね。
目標は、英語でいっぱしに喧嘩できること!
相手の向こうずねを思いっきり蹴飛ばすくらい効果的な悪口ボキャブラ、募集中!
え、間違ってる?
[PR]
by koriom | 2005-08-13 16:56 | うちのダンナさん
<< rie4ヶ月と26日/『Bab... ワールド・ワイド!に、紫蘇。 >>