ワールド・ワイド!に、紫蘇。

c0074421_5562718.jpg


待望の、待望の紫蘇鉢植えちゃんが我が家にやってきました。
ぴっかぴかの、ぴっちぴちの、この子のご実家は、
daidai_laさん家。

以前、daidaiさんが大切に育てられた紫蘇についてのエントリーで
物欲しそうなコメントを残したわたしに、ご親切に「一鉢どうですか?」と声をかけてくださったのです。

正直、びびりました。そ、そんなつもりじゃなかったのに!おろおろ。
でも、同時に、すごく嬉しかったのです。

なにが嬉しいって、鉢植えを分けて頂けることよりも
「ご近所だから」と、気軽に声をかけてくださったことが。
しかも、わたしのことはこの雑文ブログでしか知らないのに、ご自分から
この液晶という大きな壁をひょいと飛び越えて、「どこかで待ち合わせして、お渡しします!」と言ってくださったことが。
感動を通り超え、恐縮しまくりです。でもでも嬉しい!

わたしはこのインターネットが「パソコン通信」という呼び名だった頃から
ちょこちょこPCを触っていますが
こんなふうに、インターネット上のおつきあいが、現実のものとなって飛び出したのは初めてのこと。(意外と保守的なワタシ)
しかも、一件一件のエントリー毎に、山ほどのコメントがつく大人気ブロガーdaidaiさん・・・
わ、わたしなんかでよいのですか??と、
まるで出会い系でお見合いしてるかのように、どきどきしてしまいました。
時代はどんどん変わって、インターネットはいつのまにか、こんなにリアルな世界になっています。
すごいことですね。まさに、ワールド・ワイド・ウェッブ!
ブログを始めてよかったなあ、と思える出来事でした。





 
 
当日は日系スーパーで待ち合わせ。
時間にちょっと遅れて、tamの手を引き、あたふたと向かった先に
燦然と輝く!きれいなお姉さん・・・あ、あれが!?
あまりの美しさに気が動転し、何を口走ったかちょっとよく憶えていません・・・・。
しかも、お礼をしなければならないはずなのに、てぶらの私たちに向かって、
「お口に合えばいいのだけど」と言って、バナナケーキまでくださったのです。
なんかもう済みません申し訳ないですと恐縮しまくるわたしに、

にこり。「ダンナに焼いたから、ついでなので気にしないで」と・・・。


c0074421_6195952.jpg

しかもこんなきれいなラッピング・・・。

どかーん。(ノックアウトされた音)








バナナケーキは、バナナの濃厚な味がして、とっても美味しかったです。
tamも喜んでむしゃむしゃ貪っていました。
お料理上手な、可愛いお嫁さん。。そんなひとに、ワタシもなりたひ。。
そして紫蘇も、流石自家栽培!へんな苦みや臭みが全くなく、早速ばりばりと頂きました。

daidaiさんのブログには、毎回毎回良い刺激を受けているのに加えて、
こんな素晴らしい頂き物までしてしまい、それに対してわたしは一体何をお礼したらいいのやら。(途方に暮れる)
とにもかくにも、なにより一番嬉しかったのは、
daidaiさんとお知り合いになれたことです。daidaiさん、これからもよろしくお願いしますねー。

インターネットって、ものすごい可能性を持っているメディアなのだなあ、ということも
改めて再認識。
わたしも誰かの役に立つブログを書くぞー。エイエイおーー!
[PR]
by koriom | 2005-08-10 05:57 | アメリカ生活日記
<< たまには褒めてみようかと。 お気に入り in L.A./(... >>