4ヶ月と10日/4ヶ月検診。Baby用眠り薬?

c0074421_64396.jpg


rieの4ヶ月検診に行ってきました。

体重は8000グラム(2ヶ月時6110グラム)
身長は64.77センチ(2ヶ月時59.69センチ) 


どっちも順調に伸びて増えているのですが
特に体重が、95パーセントタイル(偏差値のようなもの。つまり、100人中5位に入る増え率ということ)と、かなりのおでぶさんのようです。



 
 
最近のrieは、寝返りマスターした後
前進しようとおしりを持ち上げるし、
眠たい時にわたしがいないとワアワア文句を言うし・・・とにかく
だんだんとヒトに近づいてきました。
もうすぐbabyじゃなくなっちゃう。わーん、寂しいよう。

しかし、このひとはほんとうによく寝るヒトです。
夜はけっこうしぶといのですが、昼間は勝手に一人で寝てくれます。
床に転がして放っておいて、はっと気付くと



c0074421_862249.jpg




いつの間にか寝てるし。





c0074421_872388.jpg


また寝てる。





c0074421_875890.jpg



また・・・。











赤ちゃんのことをよく知らない人々にはおわかりにならないかもしれませんが、
「ひとりで寝る」というのは、赤子にとってはひじょーーーうに難易度の高い技なのです。
わたしは子供を持ってはじめて、お母さん方からよく聞くフレーズ、
「眠くてぐずっている」という意味を初めて理解しました。
(眠いんだったら、寝りゃあいいじゃないか、と思っていた。)
赤ちゃんって、大体ひとりじゃ寝られないんです。
眠くてイライラして泣くのを、落ち着かせて眠りに導いてやるのは、
「乳をやる」「オムツを替える」と並ぶ、育児の一大事。
rieはこれを難なくクリア。(夜はだめですが。。)でも、
こういうひとでないと、tamとふたり同時に寝かしつけなきゃいけなかったので
それは想像するだに大変なこと。
きっと神様が、わたしにくれたご褒美でしょう・・・と思うことにしよう。



さて、検診ですが。
この日はまたもや恐怖の注射が待っていました。
今回打ったのは、2本。

・B型肝炎の2回目。

・B型インフルエンザの2回目。

本当はもう一本、たぶん3種混合の2回目を打たれるはずでしたが
切らしていて無いので、次回打ちましょう、とのこと。。いいのか?
でもべつに問題はないそうです。しかし考えてみると
次回打つはずの分も入れて、4本くらい打つことになるのでは・・・。かわいそうに~ 泣

そうそう、今回は帰国前最後の検診・・・ということで
気合いを入れて、これだけはドクターに聞かなくては!と意気込んでいたのが、コレ。


      ↓


c0074421_618569.jpgChildren's Benadryl

この薬はアレルギーの諸症状;鼻水やのどのいたみ、かゆみなどに利くものですが
副作用が、「眠気」なので、アメリカの多くのお母さんは、これを飛行機用の眠り薬として使用しています。
こどもの体には全く害はないそう。
これは「子供用」ですが、「赤ちゃん用」はなくて、同じ薬を、体重によって与える量を変えるのだそうです。ちなみにチェリー味。

わたしはてっきり処方箋がいるのかと思っていましたが、
ふつうに市販されていました。
これまで、tamを連れて何度も飛行機には乗りましたが
それは全て歩く前のこと・・・。
今回の里帰りは、赤子ふたり・・・しかも一人は動き回れる!という恐怖の旅路。
rieは、おっぱいを飲ませて抱っこしてやれば、大人しくしてくれると思うのですが
tamは、特に眠くなると、すごくぐずるし、反抗的になるので(厄介)
あの狭い飛行機の座席で、目に入るもの手当たり次第触り掴みまくるtamを横に
たとえば食事なんて、どうやってとったらいいんだろう。。ああ、考えるだに恐ろしい。

なので、どうしようもないときのための、保険として手に入れておきました。
ほんとに眠るのかな。試してみたいな~。(鬼)
[PR]
by koriom | 2005-08-01 05:58 | 育児日記・rie
<< お気に入り in L.A./(... MOCA/BASQUIA展 >>