アメリカが煙たくなる日

7月4日は独立記念日。
この日、アメリカは煙にまみれます。

なんの煙かって?
バーベキューと、花火です。

独立記念日は、どこの家庭でも
バーベキューをして盛り上がります。
スーパーでも、ちょっと前からバーベキュー用食材やグッズが特売に。
日系スーパーも例外ではなく
「今夜は焼き肉!」の宣伝文句にまんまと踊らされ、
我が家も昼間から窓を開け放って、
輝く空の下、焼き肉パーティーでした。

そしてこの日は
アメリカで、一年にこのときだけ
花火が解禁される日なのです。
やはり少し前から、
「FIRE WORKS」と看板を掲げた屋台が
そこかしこに現れます。






 
 
 
c0074421_8233181.jpgお品書きは、豚バラスライス、牛タン、骨付きカルビ。
付け合わせはキムチにホットサワー・スープ。
食材は勿論、焼き肉王国・コリアンマーケットにて購入。

特筆すべきは、奥に見える骨付きカルビ(味付き)です。
うちで食べた焼き肉で、こんなに美味しいと思ったのは初めてでした。
焼き肉するときは、コリアンマーケットで
「Seasoned Beef Short Rib」を注文しましょう。
ちなみに私たちが行ったトーランスのコリアンマーケットでは、
これは表示されていませんでした。
ダンナさんが、韓国人のおばさんが5パウンド買っていったのを見て
「同じのを1パウンド」と頼んだのだそうです。でかした、夫よ。
店の名前は、ハングルなので分かりません。。


独立記念日は月曜日なので
金曜日から、なんとなく盛り上がってきます。
サンタモニカ・シティ・カレッジでは2日、
マリナ・デル・レイのヨットハーバーでは4日に花火大会がありました。

私たちもマリナ・デル・レイの方に、近くから見ようとして行きましたが
ものすごい渋滞だし、近くは通行止めだし。。で、残念ながら見られませんでした。
車から降りて歩いていけば見られたのでしょうが、
子連れで夜遅くに人混みの中に行くのは、さすがに可愛そうなので断念。

で、勢い余ってフリーウェイをドライブしたのです。
子供二人はうしろで熟睡。


これがですね。
意外と面白い経験でした。


フリーウェイをぐんぐん飛ばしている中で
そっちでも、こっちでも、あそこでも
見渡す限り360度どっちを向いても、視界に入ってくる打ち上げ花火。
そこらじゅうで、ぼこんぼこんあがっていました。

ちょっと、こんな光景は見られないですよね。
すごく面白かったです。

で、この日はなんだか霧が出ていたのですが
10時半頃には花火もあがらなくなりました。
アメリカ人、ひくのが早いんです。
(近所の家でパーティをしていて、「うるさいなぁ・・・」と思っていても
いつのまにか、さーーーっとひけています。
余韻を楽しむ、とかないんですね。)
するとですね、視界がぱーっと明るくなって、霧が無くなったのです。
ほんとに花火の煙でけぶっていたのですね。

それにしても、去年はサンタモニカに引っ越してすぐこの日を迎えて
まだハイハイしているtamを抱っこしながら、花火を見たっけなぁ。
来年はどこでなにしているんだろう。



ランキング参加中。「読んだよ」のワンクリックを。
[PR]
by koriom | 2005-07-06 08:23 | アメリカ生活日記
<< 猫飢餓状態のわたしのところへ。。 Happy Krispy Kr... >>