アメリカ出産体験記 40週と2日/陣痛が始まった!

それは深夜3時半。
ぱちり、と
何故かはっきり目が覚め
異変を感じて、すぐさまトイレへ。
下着が濡れてる・・・。もしや、破水?




 
 
前回促進剤で産んだ私は
破水と言えば、「ぱちん!」と音を立てるようにはじけた後に、
びしゃっ!と水が出てくるものだと思っていましたが
自然な破水だと、たらたらと少しずつの垂れ流しなのですね。

そんな知識は皆無だったし
陣痛も、もう二週間前くらいから、それらしいものを感じていたけれど
ふしぎと、「こりゃ、本物だなあ」という確信を、起きた瞬間に持っていました。

ダンナさんを「来たよ」と起こし
ちゃきちゃき着替えて、最後のパッキングを済ませ、
さて。と、ベッドルームに戻ると、まだ寝てる。。
「ほんとに?ほんとに?」と疑うダンナさんをもう一度叩き起こして
用意させている間に、母を起こし、陣痛が来たことを告げ、4時に家を出る。

「・・・あっ!だんだん痛くなってきた・・・。痛い・・・痛いよう・・・痛い~」
と、どうにもならないことを運転席のダンナさんに愚痴りながらフリーウェイを飛ばし、
4時20分頃病院到着。
家から近い病院で、本当によかった。。と思いつつ、バレット・パーキングで車を降りる。

「よいしょ・こらしょ・あいたたた。
よいしょ・こらしょ・あいたたた!」
と怪しくかけ声をかけながら、重たい腹を抱えてのたのた階段を上り、
産婦人科の病棟へあがる扉を開こうとすると・・・

・・・。開かないんですけど!泣怒

夜間入り口しか開いてないので、ものっすごい遠回りをする羽目に。
しかも
「こっちだよ、たぶん」とダンナさんに連れられてのたのた進んだ方向は行き止まり。
「こっちだった、こっちだった」と、右往左往する私たち。
そんなことをしながら、腹立ってきました。
産気づいた妊婦を迷わせるんじゃねえ!セント・○ョンズよ!!
・・・くらいの勢いで(ハート)

c0074421_6563676.jpg妊婦、陣痛の痛みに耐えながら撮影。
まったく、頭が出てきたりしたらどうしてくれるのよ。。とブツブツ言いながらも、
4時半、デリバー・ルームへ到着。
「陣痛は何分間隔か」と聞かれ、適当に「5分」と応えると、ナース軽く驚いて病室へ入れてくれる。
実際は7~8分くらいだったと思う。
「裸になって、これだけ着なさい」と言われ渡されたうすっぺらい病室着。
わたしはこれがどうも嫌いで、勝手にキャミソールを着たまま、上にこの病室着を着ました。
案の定、「これは脱がないと・・・」と言われるが、
「でも寒いんです」と断固言うことを聞かないわたし。
ストレッチのきくタイプだし、エピデュラル打つときも上にめくれば落ちてこないし、
まあ邪魔にはならないから、医者にも迷惑はかからないはず。

到着した途端、私「もう痛いから麻酔を打ってって言って。ねえ、言ってよ。」
と、ダンナさんをせっつく。→自分で言え。
せっつかれたダンナさんも、陣痛の痛みは計り知れないのでたしなめられなかったのか、
英語でひかえめに「麻酔打って欲しいみたいなんですけど・・・」と繰り返してくれました。

ベテランっぽいおばさんナース、
「まだまだ。ちょっとやることがあるから・・・」と
手術前の確認事項のような質問をされ、「ここにサインしろ」と言われるままにサイン。

c0074421_7212335.jpg「麻酔、まだ・・・?」と思っている。→

この間にもわたし、
「ねえ、麻酔まだ?麻酔打って欲しいよう」とだだっ子のように繰り返す。
結局5時に打ち始めるまで、
はやくしてよ!痛いんだから!!とやきもきしていたわけですが、
実際病室到着から30分で麻酔医を呼んでくれたのは、
非常に迅速な対応だったことに後で気付きました。
色々悪態ついてすみませんでした。皆さん。


続きます。

ランキング参加中。「読んだよ」のワンクリックを。
[PR]
by koriom | 2005-05-26 23:35 | アメリカ出産体験記
<< アメリカ出産体験記~出産編~ 出産体験記を書くにあたって。 >>