親子三代サンフランシスコの旅・1日目(前半)


c0074421_5212522.jpg


は~るばる来~たぜ、SFへ~♪
今回も、赤子連れ(新生児含む)にしてはかなりの強行です。

「一ヶ月の赤ちゃんと旅行なんて!」と目くじらを立ててしまう方々は、
ご遠慮ください。
赤子持ちだって旅行に行きたいんじゃ!(空に向かって)

なにしろわたしたちのこれまでの旅行と言ったら・・・

・tam2ヶ月時に、ボストンからLAへ。中3日ラスベガス(車で)。
・tam4ヶ月時に、日本へ里帰り。
・tam8ヶ月時、再びボストン→LA。(家探し後、再びボストンへ。そしてLAへ引っ越し)
・tam1歳で、サンフランシスコへ長距離車旅行(mica妊娠8ヶ月)

もちろん一人では尻込みしてしまいがちですが
日本で「赤ちゃんを飛行機に乗せるなんて、かわいそう」なんて嫌味も言われましたが
わたしは、赤ちゃんがいるからといって、
そんなに楽しみをガマンする必要は無い、と思うのです。
同伴の大人は多いに超したことがないですが
最低夫婦ふたりでも、全然問題ないです。

色んな考え方がありますが
私たちは今回の旅行も、とっても楽しむことが出来ました。
しかも両親と一緒に行ったおかげで
ほんの少しですが、長いこと縁遠かった(新婚なのに・・・)
夫婦二人きりのフリータイムも実現!
感謝、感謝です。

だらだらとした旅行記ですが
「赤ちゃんがいるし、当分旅行はお預けね・・・」と
考えているけれど、実は旅好きなパパ&ママや
やむを得なく、赤ちゃんを連れて遠出しなければいけない方々の
参考になれば良いなと思います。




 

7人乗りレンタカーを借りて 
早朝3時過ぎに出発。
tamは寝たままカーシートへ移動です。
rieは出発寸前まで、だらだらとおっぱいをあげていたので
車中はずっと眠っていてくれました。
たぶんいつの時代も、車の振動に弱いひとたちです。

途中一度休憩し、
子供二人のおむつ替え・授乳をし、tamには朝食を与えて
11時頃にSFへ到着!
ブランチはまたもや、フィッシャーマンズ・ワーフのクラム・チャウダーです。

c0074421_6131047.jpg




日差しが強すぎて、チャウダーが真っ白。。









boudin bakeryは今改装中かなにかで、レストランは閉まっていますが
小さなカフェが近くにあります。
屋台で食べるよりも、
パンを焼いているこのカフェで食べる方が断然美味しい・・・とは、
ダンナさん談。
確かにそうかもしれません。
チャウダーは前回より明らかに具沢山。
シーズンオフだったからかな。。けしからん(怒

tamもチャウダーを喜んで食べていました。
ついでにrieさんも授乳。みんなでブランチ。


この日は車で回れるめぼしい観光地を回ろう・・・ということで
Coit tower や、ロンバードの坂なんかに行った後
ちょっとマニアックですが、こんなところに行ってきました。

c0074421_5442024.jpg

The Palace of Fine Arts
1915年にSFで開催された万博のために作られた神殿です。




c0074421_550836.jpg


見えにくいですが、中央にいるのは私。
結構デカいんです。












c0074421_552272.jpg




ディテール。
本格的。










c0074421_5594480.jpgこのパレスには大きな庭園がついているので
近所の人たちの憩いの場みたいになっているみたいでした。
庭園から望んだパレスが、また絵になるのです。
眺望まで、きちっと計算してデザインされているようです。
我が家の専門家が、「ピクチャレスク」と表現していましたが。
ほんとうに、よく出来ています。

そしてこの周りは高級住宅地のようで、
素敵なおうちがずらずら~っと並んでいます。
どの家も、大きく窓をとっていますね。
大きすぎて中が丸見えなのですが、
家具調度品も素敵でした。


c0074421_672081.jpg



列をなして甲羅干し。
亀も憩う神殿。
つがいのマガモがいちゃいちゃし、
藪の中では、白鳥が卵を温めていました。(本当)










SFの高級住宅地にため息をつきつつ、
時はもう夕方。
今回のホテルはユニオン・スクエア近くのマリオットです。

後半へ続く。

ランキング参加中。「読んだよー。」のワンクリックをお願いします。
[PR]
by koriom | 2005-05-06 05:44 | 赤ちゃんを連れて旅行へ行こう!
<< Happy Mother... 1歳6ヶ月と8日/渡る世間は鬼... >>