人参騒動

ずっといっしょに暮らしていて、すっかり気心が知れたと思っていても
ふとした瞬間に、相手の知らない一面を垣間見てしまう。
人を完全に理解する、ということは、不可能なのかもしれません。





このあいだ、ダンナさんに
「ほら、micaの好きな人がテレビに出てるよ」

と言われ

どれどれ、と覗きに行くと、
ブラウン管に映っていたのは、なんと





    氷川きよし




 だったことに
 

ショックを隠しきれなかったクー婦です。こんにちは。

あまりにショックで、しどろもどろになりうまく否定できず
ただの照れている隠れきよしファンのようになってしまったことが
今でも激しく悔やまれます。

なぜそんな誤解が生じたかというと
わたしがしょっちゅう、tamに向かって
「ずん、ずんずん、ずんどこ、チャ・チャ・チャ!」と
歌っているからなのだそうです。(そうするとノって踊り出すからおもしろい。)
あんなに日本中で流行った歌を、ファンじゃないからといって
口ずさんではいけない理由が、どこにあるでしょうか?


ま、それはいいとして。


ついこのあいだ、
この、きよしファン疑惑事件よりも、さらに
わけのわからない誤解が
わたしたち夫婦の間にもちあがりました。


それは、テレビジャパンの3分クッキングを観ていたときのこと。
チャンネルを替えようとするダンナさんに、
「あ、それみたい。」と言ってしまったのが運のツキでした。

メニューの一品はにんじんごはん。

人参ご飯なんて、作ったことはおろか食べたことも、ひいてはその存在すら知らなかった私は、興味津々。

「へー、こうやって作るんだねえ」と、感心していると

突然ダンナさんが
私が以前に、



       ・人参ご飯
       ・人参のきんぴら
       ・人参のみそ汁

   の、人参フルコースを作ったと言いだしやがりました。




そんなセンスのないメニュー、一体誰が作るというのでしょうか。。

神に誓って覚えがない、どこかべつのところで食べたんじゃないの~?と冗談で言う私に
あくまで、絶対にmicaが作った。と言い張るダンナさん。
あまりに堂々巡りで、
誰が作ったの!という冗談も、だんだん自分の中で
本気になっている錯覚に陥り、
さらにダンナさんも
そんなことを言うなんて、被害妄想だ、とか腹の立つことを言いだしはじめたりして



でも


ふと思い出してみると
きっかけは、ただの人参フルコース。


たぶん、双方の胸に去来したのは


こんなこと、本気で主張する価値があるのだろうか・・・?



という、やるせない思いだったに違いありません。


方や、人参フルコースなんて絶対作っていない、と主張し
方や、絶対に食べた覚えがある、と主張。
こんなばからしいことで険悪なムードになる自分たちって、一体。



そんなこんなで、この人参騒動は
お互いうやむやに主張をしりぞけ、雲散霧消の終結を迎えたのでした。



いまだに納得のいかない人参騒動。

思い出すと、いまだに悔しいい
[PR]
by koriom | 2004-10-27 19:25 | うちのダンナさん
<< ブログ一本化