日本のあんまん・にくまんが恋しい。。

アメリカにだってコンビニはありますが
日本のコンビニとは全然違います。
パーキングには浮浪者がうろうろしているし、
使うときといったら、ドライブ途中トイレを借りるときくらいです。

ちょっと前からものすごい禁断症状で
「あんまん・にくまんはアメリカでは気軽に買えないのか?」とダンナさんに訴えていました。
日本のスーパーで売ってる冷凍のは高いし、
ディムサムに行けば食べられるけれど、そうじゃなくて
こう、気軽にスナック感覚で求めているのに。

対してダンナさんの
「チャイニーズ・マーケットで売ってるんじゃない」という返答に
ごもっとも、と出かけてきました。





すると、ありました、ありましたよ!!
さすがは本場。種類だってものすごい豊富。
初めてアメリカのスーパーマーケットに行って
膨大な量のシリアルを目の当たりにしたときくらい、迷いに迷いました。


結局購入したのは一番スタンダードな

c0074421_652586.jpg
red been bun = あんまんです。

4つで3ドル弱。
日本で売っているのよりも花巻に塩っ気が少なく、
こう、高さがある印象でした。つぶれてないです。
美味しかった。。レンジでチンして食べました。


c0074421_6595786.jpg
あんまり美味しそうじゃないですが、こちらはgreen been bun。

うぐいすあんみたいなもの?と想像して買ってきましたが
実際は白いあんこ。
これも美味しかった。。


これらは冷凍ではなく、冷蔵品でしたが
何故か肉まんはほとんどが冷凍食品でした。
肉まんも試しに買ってみましたが、ものすごい人工的な味がして美味しくなかった。。
チャイニーズのものは、安いと合成保存料がものすごいので気をつけてください。
あんまんは合成保存料無使用です。
[PR]
by koriom | 2005-03-07 20:49 | アメリカの食材
<< 過去の記事はこちら ブログ一本化 >>